スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋ということで・・・

秋というか、もう冬になりつつありますが

芸術の秋ということで、このネタ。
私の趣味の一つでもある、ストラップ作り。
これまでブログで何度か登場していた「アドバンスパワー・ミニ」ですが、ある御二方にプレゼントする為に製作中だったんですねー。
で、このアドバンス・パワー。
差し上げた方や、実物を見た方から「どうやって作ってるの」と、よく聞かれるので~
サクっと工程を紹介してみようかと

こんな感じで作ってます

1つの角材からスタート。
20111112a.jpg

この後、舟の上/下の部品用に切り離します。

で、お互いを貼り合わせてカクカクの引き舟の形までノコギリで切断。
20111112b.jpg

その後は、バルサでルアー(ミノー)を作る要領で、彫刻刀で角をカットしていって、更に角を取っていって、ある程度丸みに近づけたら、サンドペーパーでなめらかに。
上/下を離すとこんな感じに。(写真は既に上の部品に穴が開いちゃってますが・・・
20111112c.jpg

で、ここからが難しく、失敗したら全てがパーとなる工程の蓋作り。
蓋が開閉でき、且つ隙間が目立たないように仕上げる・・・。何個作っても難しくて、作るのイヤになっちゃうところ
本体上に開けた穴にそってケガキをし、糸ノコでカット。丸く仕上げて、本体との曲線が合うように蓋を作成。
何度も何度も本体に合わせながらサンドペーパーで調整し、本体穴にフィットしたら裏面(ヒンジ部)の加工。
20111112f.jpg

こんな感じ。
20111112d.jpg

勿論、穴にフィットしただけでは、ヒンジ側が本体と干渉するので、裏にも手を加えます。
そして、蓋が本体と真っ直ぐに開けられるようにピンを通す穴を開ける。(ここも非常にイライラするところ
20111112e.jpg

ピンを通して動きを確認。
20111112g.jpg

で、バッチリ決まった(つもり)ら、オトリ投入口の穴開け作業。
形を整え、黒い部品を接着。
20111112h.jpg

で、本体上の部品と蓋にクリア塗装をし、ピンを差し込んで本体に組み込むと、上半分は完成です
20111112i.jpg


ここまで来れば後はラク
引き舟らしく見せる為、中は空洞に。
彫刻刀で、ほじくりほじくり・・・
20111112j.jpg

中も必死にサンドペーパーを掛けて、クリア塗装すれば本体下の部品も完成です。

そして、引き舟ですから、ロープですね。
こちらはアイスの棒みたいな木材を貼り合わせて作ります。
20111112k.jpg

ロープは手芸屋で売ってるナイロン糸。
これを、一応本物みたいに長さ調整が出来るように結び、先程の部品と合体させると、ロープの部分が完成です。
20111112l.jpg

そして、いよいよ3つの部品を接着すると・・・

こうなります
完成~
20111112m.jpg

と、いうことで今回も失敗することなく、無事に2個が完成
20111112n.jpg

と、こんな感じで作ってます。
ちなみに1個の製作期間は、集中してやれば計3日で出来るかも知れませんが、蓋の工程のところで集中力が途切れるので先ずムリ。
今回だって、随分待たせちゃったもんなぁ(笑)(鮎釣りシーズン中だったからってのもありますよ

兎に角、蓋です
蓋の部分が大変です
苦労判ってくれましたか(笑)

さて、この「アドバンスパワー・ミニ」は、これまでに8個も製作し、あと2個の製作を予定。

限定10個ということで、あとの2個作ったら・・・


製造中止とさせていただきます


また何か新しいの考えないと~
スポンサーサイト
プロフィール

弁天山小僧

Author:弁天山小僧
鮎釣りの楽しさに気付くのが遅かったと痛感している、週末鮎釣り師です。
シモツケ大好き!ハデなウェアに腕がついていけない”なんちゃって鮎釣り師”ですが、頑張ってます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

フルーツメール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。