スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 球磨川釣行 ~後編~

台風15号が迫っている中での「2011年 球磨川釣行(後編)」です。

<3日目>
この日も朝4時半に目が覚め、恐る恐る外を見ると雨は止んでいる。
KAIさんは用事があり帰宅の為、この日はアユアソビさんとタカヒロ君の親子がガイドをしてくれる
ホテルに7時に迎えに来てくれ、コンビニ→オトリ購入し、本流は濁りが入ってる為厳しいであろうということで、川辺川に入る。
場所は前日ラストの場所で、そこを右岸側から入川。

SBSH0081B.jpg
いい感じでしょ~
曇りの予報だったが、時折晴れ間が広がり、暑いくらいになった。
上流の瀬尻もやったし、瀬落のトロもやってみたけど、サッパリ先行者2人も粘っていたが釣れていない。

アユアソビさんも、いち早く天然に変えようと全身集中して粘っていましたが・・・。
SBSH0079B.jpg

1時間程でここを断念。ちょっと下流側へ場所を移します。雰囲気的には相模川の一本瀬みたいな感じ。それに大きな底石がところどころ入ってるから、釣れないワケがない
20110919A.jpg
(この場所の写真がなかったので、ちょうど私の写ってる画像をタカヒロ君ブログより頂戴しました)

が、釣れない
一つ一つ探っていって、石に囲まれた場所でようやく21cm位のアユを掛けたけど、小さいからと普段の調子で抜いたら抜きバレ。タモの手前でポトリと落ちた
でも、居るのが判ったから直ぐにオトリを変えてやったけどダメ。ホントに厳しく掛かっても1場所1匹
しばらくしてアユアソビさんが22cm位のを1本ゲット。それのみで、全く掛かる気がしないとのこと。

私はダメもとで上流の絞込みのある瀬へ移動。
絞り込みには入れず、下りながら脇にある石にオトリを入れると、ようやくアタリ。顔掛かりの25cmを無事確保
すると何やら下流にいるアユアソビさんとタカヒロ君がソワソワしてる地元のMさんより、本流Go!の連絡が入ったそうだ。

と、いうことで球磨川本流はMさんポイントへ移動
水位も若干引き、濁りも深い笹濁り程度に。テトラに乗って、少しでも沖を狙う釣りなんですが・・・。

SBSH0082B.jpg
頑張ってるタカヒロ君。私は変な体制で立ってるのが辛く、ものの20分でギブアップ
すると雨も降り出してきた。
この後、タカヒロ君がラッキーなアユをゲットするものの、アユの姿は見ることが出来ず、4時前に撤収。

夜はアユアソビさん、タカヒロ君、Mさんと居酒屋「鮎道楽」へ。
「明日は雨は大丈夫っぽいね。このまま行けば何とか釣りは出来るよ」
と、最終日無事に釣りができることを祈って乾杯したのですが・・・。
SBSH0083B.jpg


<4日目(最終日)>
朝5時に起きると丁度KAIさんからメールが入った。
”球磨川1mの増水、川辺川は赤濁り”
マジですかー
夜中にそうとう降ったようで・・・ま、仕方ないです。自然相手の釣りですから、こればっかりは。
まずは球磨川本流。
SBSH0085B.jpg

SBSH0090B.jpg
(人吉橋下流側。散歩道まで水上がってるし・・・)

そして川辺川。
SBSH0087B.jpg

と、いうことで最終日は観光に切替え
KAIさんも、再び合流してくれ、4人で観光となる訳ですが、何が悔しいかっていったら、天気が良くなってきて暑くなってきたこと
こんな晴れてても釣りが出来ないってのが悔しくて悔しくて(笑)

では、観光へ

「国宝 青井阿蘇神社」でお参りし(釣りする前にすべきだった??)
SBSH0091B.jpg

濁流の球磨川を見ながら向かった先は「球泉洞」
SBSH0093B.jpg

入り口に立つと冷気をブオォ~って体に浴びれ、ひんやり気持ちがいい
SBSH0094B.jpg

中は深く、幻想的な世界。
SBSH0095B.jpg

SBSH0096B.jpg
人間が作ろうと思ったって、こんなん出来ません自然の力って凄いな~。

そして昼メシを食べる為に宮崎へ向かおう!となり、熊本に別れを告げます。
SBSH0098B.jpg

アユアソビさんが「瀬頭ですね」って言ったのを聞き逃さなかった私。
何処の瀬に?川の様子を見るの?って思っていたら・・・
宮崎名物「チキン南蛮」発祥のお店である、「おぐら瀬頭店」でした
SBSH0099B.jpg
時間をズラして行っても、駐車場は満杯&駐車空き待ちなほど。皆、どれだけ待っても食べたい!というお店なんでしょうね。
我々の番となり、注文して出てきた。これがチキン南蛮
SBSH0100B.jpg
(薄暗くってゴメンナサイね
初めて食べましたが、美味いですタルタルソースの配分が判らずに、余ってしまいましたが(笑)
これは美味い東京でも「ほっともっと」とかで出せばいいのに・・・。

昼飯後、一旦解散。
KAIさんに宮崎県庁近くのホテルまで送って貰い、KAIさんとはここでお別れとなった。(KAIさん、今回も本当に色々お世話になりました)

夜。アユアソビさんから夕飯のお誘いを受け、本場の宮崎牛を食べに。
アユアソビさんの奥様もご一緒してくれ、折角だから観光も兼ねてと夜でも観れるスポットを回ってくれた。
県庁を見ながら向かったのは「平和台公園」

SBSH0101B.jpg
車に戻る頃にライトアップされだして、まだ明かりが足りないけどパチリ。

少し歩いて小腹を空かせ、アユアソビさん一家行きつけの焼肉屋さんへ。

感動しました
参りました宮崎牛
デザートのバニラも濃厚で、何気に感動(笑)

美味いもん食べた後、帰りにはアユアソビさん宅で尺鮎の剥製を見せてもらった。
33cmのなんて見ちゃったら、我が家の29.5cmが小さく、薄く見えるんですけど(笑)

最終日、釣りは出来なかったけど、観光&グルメ&尺鮎鑑賞と充実した一日だったなぁ

翌朝、雨の中アユアソビさんに空港まで送って頂いた
宮崎土産を一緒に見てくれ、娘にお土産まで頂いちゃって
そして、検査場前でアユアソビさんにお礼を言いお別れ。
SBSH0103B.jpg
さようなら、宮崎・・・

8時発の羽田行きは、台風の影響もなく無事羽田に到着し、ハイウェイバスで多摩センターへ。
多摩センターで買い物をしてる妻と合流し、帰宅。



こうして、4日間の九州球磨川釣行が終了してしまった。
ブログで知り合ったKAIさん。そしてKAIさんの紹介でアユアソビさん、タカヒロ君、Mさんと知り合え、今年も私の到着を楽しみにしていてくれた。
アユアソビさんの奥様にもお世話になり、今年もまた思い出に残る楽しい九州釣行となった

家族に今回の釣行の話をすると「いいなぁ~。来年は私達は観光で行きたいから付いていこうかな」と言っていましたよ

尺はおろか、サイズ・数ともに出なかったけれど、やっぱり球磨川水系の鮎の引きは凄い!
来年こそは良い状況でシーズン迎えられるようになると良いですね

最後になりましたが
KAIさん、アユアソビさん、アユアソビさんの奥様、タカヒロ君、Mさん、今回も色々とお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

弁天山小僧

Author:弁天山小僧
鮎釣りの楽しさに気付くのが遅かったと痛感している、週末鮎釣り師です。
シモツケ大好き!ハデなウェアに腕がついていけない”なんちゃって鮎釣り師”ですが、頑張ってます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

フルーツメール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。