スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛かりは、あくまでも上顎ガッチリ

今日は、秋川漁協伊奈支部の納会へ参加してきました!
秋川国際マス釣り場に朝8時前に到着。
マス釣り場の一番の楽しみである残りマスを釣りたい所ですが、今日は午後から用事があるため本気で釣りするつもり無し~。
なので、エサも支給されるイクラだけで良いやと、イクラに飽きた時対策のエサは用意無し。
早くイクラ貰えないかな~と待っていると、伊奈支部の方がゾロゾロと到着。
久々に皆さんに会えました\(^-^)/

しばらくして、イクラが到着。
残りマスを釣るぞ~!という事でスタートです。

まぁ、よくオンシーズンでも無いのに一区画でこんだけ釣れるな。。。と、N崎さんと抜き!

マス釣り場のマスなんで、飲ませちゃった方が確実に取り込み出来るんですが、外すの面倒だし、何よりもカッコ悪いですから(笑)
例え放流マスでも、ハリは上顎にガッチリで行きます。

抜き上げてタモの中で暴れてる時に、ハリが上顎をスルリと抜けてハリ先がタモに絡むヘンテコな事が数回ありましたが、すべて上顎掛かり(^-^)
浅い掛かりでバラしもありましたが、10時の放流前迄の釣果は22匹でした!

で、お待ちかね放流タイムですが、混雑の中での釣りなんで。。。

20121118a.jpg


喰いが渋くなった時にイクラも無くなったので私は竿仕舞い。
昼前には帰ろうとしてたので丁度良いかな?
って、言うかマスそんな要らんし^^;
放流タイム時は9匹。勿論飲まれ無し。その分、バラしは3匹でしたが^^;

時間なので、マルさん、Kさん等に挨拶し、お先に上がらせてもらいました。

合計31匹。マスは、我が家、そして実家と近所に配給!
我が家は夕飯に塩焼きで(^-^)
 
エサ準備して、本気出してたら、こんなもんじゃ無いですぜ(^^)v

でも、上顎ガッチリと決めて、久々のマス釣りでそれが出来たのが楽しかった!

伊奈支部の方々、お疲れ様でした。

誰が優勝したのかな??
スポンサーサイト

H24年 秋川上流部マス・ヤマメ解禁 ~放流~

昨日3/10(土)。
地元秋川上流部のマス・ヤマメ解禁のため、放流のお手伝いをと仕事してきました。
4年前から毎年参加させてもらっているのですが、今年は生憎の雨。前日から降り続いている雨で濁りはさほど入っていないものの、水位は20~30cmは高い。
しかも寒いっ

ちなみに秋川(桧原地区は除く)はマス・ヤマメ解禁のために、解禁日早朝に放流し、正午のチャイムで解禁、つまり釣りスタートとなります。
(私が小学生の頃は、前日昼過ぎに放流し、翌朝日の出とともに解禁でしたが、まぁ色々と不正があって、当日放流となりました)

ところで、この仕事。寒いからと言って着込むのは禁物
何故なら・・・


6時40分に秋川漁協マル君さんのところへ。そして作業道具を積んだ軽トラックで集合場所へ。
201203109.jpg

そして7時。伊奈支部の方々が続々と集合。
主役のマス・ヤマメを積んだトラックがくるまで、しばし談笑。
この時が寒い寒い。。。つま先は寒さで痛いし
2012031010.jpg

7時半、トラックが到着。放流スケジュールが説明され、いよいよ放流作業開始。
201203108.jpg

ここ、秋川伊奈支部管轄は、殆どが谷となっているので川原まではビニール袋を担ぎ”サンタスタイル”で下っていく重労働なのです
そして川原で、ゴムボート班(ボートに魚を入れて各所で放流)と、サンタ班がそれぞれ作業となります。


スタート地点の横沢川入り口。降りてからも川を少し下って、まんべんなく魚が散らばるように流れの緩い所に放流。
201203107.jpg

ウォーミングアップされたところで、チョイ下にある、通称”水測り”へ。
ここは細い階段(ほぼ天然階段)を往復する、汗をかき出すポイントです。

そして通称”大門”。ここは鮎釣り場として有名ポイント。
昨年の台風の影響で川相が変化。右岸側の分流がなくなり幅広い瀬に。適度な石もそこらに点在し、このまま行けば良い瀬になるんじゃないでしょうか?
201203106.jpg

次の場所は、伊奈支部の本部となる通称”セセラギ”。
実はここが一番の難所。
100mチョイの坂道を下る・・・
201203105.jpg

そして登る・・・これを往復4回。
201203104.jpg

ここはホントに

シンドイですっ!

皆、ハァハァと息切れしなが汗ダクになりながら頑張り、なんとか前半終了。
私はあまりの暑さに1枚脱ぎ、シャツ・作業着・レインウェアの3枚に
いつもならココで休憩を入れるところですが、今回は先に網代と地蔵斑をやっちゃおうということで場所移動。

ここ、通所”地蔵斑”も、100mほどの坂道を往復ただセセラギに比べると楽なんですねー。なんでだろ?
201203103.jpg

で、ようやく休憩。
カッパ堂さんの裏で休憩です。おばぁちゃんも元気でお店やってました
いつもお茶&お茶菓子を用意してくれて有難うございます

休憩も終わり、最後のひと仕事
ここ、通称”清水下”は、定番のバケツリレーならぬビニールリレーで。
階段の各所に散らばり、川までリレー。
201203102.jpg

そして10時半。放流作業が全て完了しました

雨の方は小降りにはなってきたものの、作業中は降りっぱなし。
でも、久々に伊奈支部の皆さんと会え、混じって作業させてもらって楽しかったです

マル君さんはじめ、伊奈支部の皆さん、お疲れ様でした


お客さん達も、けっこう早くから川入りしてました。
お昼のチャイムを聞くと、一斉に竿を振ってました。
201203101.jpg

伊奈支部 マス釣り大会に参加

先週の日曜日、秋川国際マス釣り場で伊奈支部主催のマス釣り大会が開催され、参加してきました。

と、言っても今回のエントリーは私では無く、小4の娘

娘は去年の7月に大丹波国際マス釣り場でマス釣りを体験
今回が2回目となります。
私の予想では「まぁ、いいとこ12匹かな?釣れて20も行けば良いでしょ」でした。
せっかくマス釣り場に行くんであれば自分もと、おこぼれをフライで狙おうかと考えていました。

朝7時半にマル君さん宅前に集合。久しぶりに伊奈支部の方々に会えました
今回はマル君さんの孫娘リンちゃんも参加。
マス釣り場に到着し、団体釣り場に降りたらリンちゃんと娘は早く釣りたい様子。
他の方達も釣り支度をしていたので、娘にも仕掛けをセットして残りマス狙い。

イクラを付けてあげ、ミャク釣りの方法を教えてあげます。
前回はウキ釣りでしたが、やっぱりミャク釣りの方が釣り易いのか、3流し目にアタリ。見事1匹目をゲット
その後、どうしてなかなかテンポ良く釣れるマス達
大会開始前の集計で、娘は非公式記録ながらも、22匹でナント1位

さて、参加者も大分揃って、9時に大会開始。
子供の参加は5人で、子供エリアを設けてくれました。
放流マスが相手なので
 1.重めのオモリでエサを留めさせ、マスに長く見せる。
 2.わざとハリを飲ませて確実に取る。
と、娘にアドバイス。
ただ、立ち位置的にマスの溜り場が遠くなってしまった為、エサの送り込みを手伝ったりしましたが、後は娘にお任せ。
時々、目でハッキリ判るアタリに反応し、合わせたものの掛が浅くバラしたり、大き目のマスにビックリし無理に引いてハリスが切れたりと失敗もありましたが、娘も想った以上に釣れるので楽しい!と言ってました

2回の放流を終え検量へ。
お昼を食べて、結果発表!
娘とリンちゃんが、並んでワクワクして待ってました。そして・・・
総合20位リンちゃん(24匹)、総合21位に娘(23匹)となり、子供の部優勝はリンちゃんとなりました

娘は「あぁ~、またリンちゃんに1匹差で負けたぁ」と残念がってました。
そう、娘は8月に行われた「秋川アンマ釣り大会」でも、惜しくも1匹差でリンちゃんに負けたのでしたー。
「次こそは頑張ってリンちゃんに、勝つんだ~!」と帰りの車で話していました。
娘にとって、マル君さんの孫娘リンちゃんは、良きライバルのようです

娘が今回22匹+23匹の計45匹も釣れたもんだから、私が竿を出すまでもありませんでした(笑)
網代と練馬の実家、娘の友達のトコにマスを配って、残りは冷凍庫へ。
まだ、鮎も残ってるし・・・

翌日、夕飯にマスの塩焼きが出て、娘が一言。
「やっぱり、自分で釣ったお魚は美味しいねぇ~」
だって。

また、行くか!
でも今度は私ににも釣らせてね
プロフィール

弁天山小僧

Author:弁天山小僧
鮎釣りの楽しさに気付くのが遅かったと痛感している、週末鮎釣り師です。
シモツケ大好き!ハデなウェアに腕がついていけない”なんちゃって鮎釣り師”ですが、頑張ってます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

フルーツメール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。